ゴッドハンド時代の終焉と相対性、ノマディック by GOTO TESHIMA NAGISA

三拠点生活セラピスト後藤渚の消息確認ブログ: 今日はここにいます

20170817 送り火ナイトとコムデギャルソン💖

こんにちは。

後藤手島渚です。

京都滞在はきょうまで、あしたから、鹿児島へ行きます!

 

夫的大文字ナイトは毎年某施設屋上だったみたいなんですが、おととしから行けなくなってしまい、大文字ジプシーと化しているわたしたち。最近、WTSpaの近所からも、大の字だけはけっこう綺麗に見えることがわかり、今年は近所で見ました。

 

わたしたち愛用の立ち飲み屋、「井倉木材」からスタート💖

夫、そして東京と京都で活躍されている編集者さん、コム・デ・ギャルソンのYさんとわたしの5名で。

楽しかったですよ〜

 f:id:wholetreatdays:20170817151349j:image

(そういえば!8/30に、向かって左側の編集者東麻吏 さんと、WTT(中野)でトークします💖編集のプロの伝える力のひみつについて。

残席わずかなのでぜひお早めに駆け込んでくださーい!)

 

 

井倉木材は御所西界隈で大人気の立ち飲み屋です。昼は木材屋さん。夜は立ち飲み屋さん。

つまみもお酒も安くておいしい!

 

井倉のあとは、夫がプロデュースした京町家ホテル四季十楽をすこーし見学へ。

 

 f:id:wholetreatdays:20170817151303j:image

f:id:wholetreatdays:20170817151423j:image

 

四季十楽のあとは堀川商店街の鳥岩でまたまた立ち飲み。焼鳥も唐揚げもおいしい!

 

と、ここで大文字タイム💖

ぞろぞろと人が通りに出てくる様子がけっこう面白い。

京都ならでは。道で見る大文字。タクシーは大変だ。

 

 f:id:wholetreatdays:20170817151432j:image

 

そんなこんなしているうちに、一人減り、二人減って、最後はコム・デ・ギャルソンのYさんと3名で河原町のレボリューションブックスでまたまた立ち飲み。

レボリューションブックスは、料理の本だけ置いてある立飲み屋…ってことですごい賑わっていました〜。

けっこうわかりにくい立地にあっても、人気者なところは人気だな〜。WHOLE TREATも人気者になりたいです。

 

 

さて、コム・デ・ギャルソンといえば、夫の愛用スーツ&わたしの愛用財布です。

夫いわく、スーツはやっぱりコム・デ・ギャルソンがいちばん「ハマる」そう。

仕立てがきれいですよね〜。

わたしは昔から財布はギャルソンでなきゃ嫌だ。一回変えたらすごく使いにくくて…

小銭入れる場所がほんとに便利なんですよ!

すっごく使いやすい。

デザインもすてきだし。

大好きです。あ、財布ってマメに変えたほうがいいって言うけどほんとですか?

わたしずーっと同じの使ってるな…ハハハ

貧乏性です。

 

 

で、ででで、コム・デ・ギャルソンのYさんから、結婚祝いにプレゼントいただきました!

すごー

きゃー

わー

どーん

 

f:id:wholetreatdays:20170817191454j:image

かわいい!

 

f:id:wholetreatdays:20170817191443j:image 

 夫にも!

 

 

 

驚くわたしと夫!

なにやら…遡ること十数年前に、いいことしたらしい💖

そのお礼も💖とのことでした。

ギャルソン大好きだけど、最近わたしほんとに貧乏すぎて買えないのです。前ほどちゃんと仕事してないしね。

大切にします💖

来月のアムスのフォトフェアで着よう💖

 

そんなこんなできょうはおしまい💖

明日雲の上で書こうっと。

インスタでGNJ前夜祭レポもしようーっと。

 

 

あ、蜷川実花さんに差し入れしてすごーーーーく喜んでいただき、instagramにもUpしてくださった「かるべクッキー」東京京都ともに入荷しています!

阿蘇在住の料理研究家かるべけいこさんが丁寧に作られているお菓子。

施術のときや、気まぐれマーケット(中野:気まぐれ開催)、WHOLE TREAT サンデーマーケット(京都:9/10予定)でゲットしてみてください。

500円。

とてもとても美味しいです!

 

f:id:wholetreatdays:20170817191751j:image

 

GOTO handisland Nagisa♫

 

 

 

 

 

20170816 夫誕生日&お金を払う価値のある施術について

おはようございます。
後藤手島渚です。
さきほど、ほんとうは去年の今日、入籍する予定だったんだよ〜っと、Facebookから教えてもらいました。
きょうは夫の誕生日です。
ときどき、オネエ(しげこ)になったり、ワンちゃんになったりする夫…
わたしたちの家、3箇所とも、テレビがないので、お互いがお互いの娯楽です。笑いが絶えないのは、お笑いのセンスがあるからです。
うそです。

f:id:wholetreatdays:20170816151623j:image

 

わたしの寝起きの髪型こんなかんじらしい😮


さて、きょうは大文字を見に行くという恒例行事があるわけですが、それまでにブログを書いちゃいたい😮

きのう、夫に、もっと手短に書きなさいと言われたので、そうしてみることにしよう。

 

きょうのお題は、お金を払う価値のある施術について、にします。

わたしは施術を受けるのも大好物です💚とくに好きなのは「丁寧な施術」「からだが反応する施術」「からだが軽く動かしやすくなる施術」です。

 

あんまり業界をdisりたくはないですが、ほんとうにほんとうにほんとうに

「お金返してほしーーーーーーーーーーーい」と思うような施術に出会うことが、たまに、あります。

 

かと思えば、「こんな安くて大丈夫!?もっとお金とれるよ…」と思う施術もあります。

 

どちらかというと、前者はチェーン店のような駆け込み系の店で出会い、後者は個人セラピストが多いです。

リラクゼーション業界において、同じくらいの料金を払い、施術を受ける価値があるか判断するためのひとつの参考として、「個人」のセラピストにお願いするか「店」で受けるのか?という選択がありますね。

 

個人セラピストは、当たりの確率が高いかもしれない。でも、予約が取りにくいことが多いかもしれない。

個人でやっていけるということは、ある程度腕があり、自信があり、お客さまがついている、ということなので、新規は予約が取りにくくて当たり前ですよね。

 

店という場はある意味、セラピストにとっても施術を受ける人にとっても…ある種の修行の場のようなかんじかなぁと思います。お金もらって練習させてもらってる、みたいな。新人が多いですしね。人の入れ替わる回転も早いです。

でも、待遇が良く、人を大事にしている経営者の店なら、長く働くベテランのセラピストが居ることも多いですよ。

その場合は、「当たり」となります。

わたしもたまに当たりのセラピストに出会います。

からだが楽になって、こころの底から「ありがとう」と思える、そんな施術が受けられたら幸せです。

同じお金を出すなら、がっかりした気持ちにはなりたくないですものね…

 

ポイントをおさえてない、気分が悪くなる、「何も起こらない」、交通事故にあったみたいにからだが痛くなる、みたいなこともあるので、もしなにか違和感を感じたら、みなさん我慢せず施術者に伝えてくださいね〜。

骨に負担がなくても、無理な施術で、皮膚や筋肉が傷んだりすることもあります。

 

あと、ちょっとややこしいけど、治療のための施術を受けるなら、サクッと早く終わるほうがいいと思いますが、リラクゼーションがメインの店の場合は、お客さまもウットリとろりんとしているので、できるだけゆっくり過ごさせてあげたい…というセラピスト個人の気持ちとはうらはらに、忙しい店のインターバルは5分!とかの場合があります。

 

5分で、掃除してベッド片付けて次の用意!

はい!次来た!施術!

みたいな、息つく暇もないほどバタバタすることも多いです。

店側にしてみれば…という気持ちもわかるけど…😮せわしないですね。働く人もお客さんも大変だ。

 

わたしは、働く人への負担という意味でも、お客様にとっても安心してクオリティの高い施術が受けられるという意味でも、個人サロンをおすすめしたいと常に思っています。

受けやすく、心地のいい環境や条件さえ整っていればね。

AEONじゃなくて商店街でお買い物したい派なので。

でもまだまだいろいろと…個人サロンを便利に使うには、難しい面が多いのかなあー。

WHOLE TREATでは、個人セラピストの支援もやっていきたいなあーと思っています。

 

ところで、最近は治療家でもあってリラクゼーションも大切にしている、みたいな、よりハイブリッドなタイプのセラピストも多いですね!

憧れ、だし、どうやって切り替えをしているのだろうと、そういう興味もありますが、WHOLE TREATにもハイブリッドかつスキルの高いセラピストが在籍しています。

WHOLE TREAT Day Spa KYOTOで施術していただいてる智華子先生💖京都ではかなり有名な先生です。

とくに産前産後ケアは、もう、奇跡的に上手いと昔から評判でした。

 

わたしはじつは10年くらい前から先生を知っていましたが、たまたまWTにも施術に入ってくださることになりました。

一度施術を受けた方は、だいたいリピートされるので、その信頼度がうかがえます。

からだが軽くなるし、安全。

リラクゼーション領域においては、安心安全が一番大切なので。ほかのセラピストも、それを胸に置いています。

で、都先生は、状態に応じていろいろな技やアドバイスができるだけではなく、セラピストマインドもすばらしく、スッと引くべき時には引ける、そんな控えめで優しい感覚を持ち合わせているのもすごい〜。

http://totonoerubody.jimdo.com

 

リラクゼーションと治療の境界線はあいまいですが…両方できるかたに相談してみてもいいと思います〜。迷ったら、WHOLE TREATにご相談くださっても💫

 

 

 

送り火

きょうは綺麗に見えました!!!!

 f:id:wholetreatdays:20170816230107j:image

 

 魂たちよさようなら〜!

 

GOTO

handisland NAGIsa,,,

 

 

20170815 夫62歳最後の1日&しげおガーデン

こんにちは〜後藤手島渚です。

実は、ブログにプライベートをさらす、ということに対してけっこうトラウマがあります…😶

自分のことだけだったらいいんですけど、毎日のことを書こうとすると、パートナーや家族や友人のことに触れることになります。

わたしはそれこそが楽しいと思うんだけどね。

お客様のことは逆にあまり書きたくない。

プライバシーがあるし、まして体や顔の写真を載せて集客に使うことってちょっとデリカシーないような気がして…必死なのは、わかるよ。

わかりやすいしね。

あと、Jaroに電話されちゃうんじゃない!?っていうような誇大広告ブログもやだ。あれって、施術受けた後にがっかりしたりしないのかな?

 

夫は自分をおもちゃだと思っている人だし、無、空っぽ、な人だし、なんでも書いていいよ〜とは言われてますが、まあ、ブログっていろんな人が読まれるわけで。いろんなこと言われるわけで。

心配されたりも、するわけで。

 

今回このブログを書く上で、決めていること、それは、とにかく「伝える、知ってもらう」ことにフォーカスしてみるという実験と、あとはなるべく自分のやる気を保つために「本音」を大事にする、ということです。

それは、ブログというメディアを生身で生きる、みたいなかんじかな。スピリチャルとか意識したら、もっとポジティブなかんじだったり、お叱り系だったり、いろいろな手法があると思います。

でもわたしはあえて、いろんな感情を交えて書きたいと、思っています。

でも、役立つようなことも書いていきたいよ〜😶

と、いうわけで、楽しんで続けたいと思います。

今年は本2冊書かなきゃいけいけないので、もう、きれいな文章はそこに入魂します。

ブログでは遊ばせてください。

よろしくお願いします💛💛💛

 

さて、きょうは、夫62歳最後の1日です。

午前中は京都の家で仕事して、グラバー園という中華定食屋?でチャンポンを食べ、いま、静香でコーヒー飲みながら仕事やブログ。

 

夫とは出会ってからもう15、6年経つのですが、なんかあのころはまだ40代だったのか〜(ということはわたしは20代)と思ったらものすごく驚きです。

見た目はあんまり変わらないかな。男性はいいよね〜年とってからのほうがなんだか素敵に見える人も多いですよね〜

彼はプライベートなことはあまりSNSとかでは語らないタイプなので(そこがいいんですけどね💛)きっとあまり知られてないことが多いけど、とても素朴な人間だなと思います。

わたしが、もし、1km四方の巨大な迷路を心に持っていたとすると…彼は家具もほとんどないシンプルなワンルームの部屋、くらいの感じかな。

趣味もほとんどない。

コレクションは石と本。

最近、庭、というのが加わりまして…

 

こんなかんじです。

 

f:id:wholetreatdays:20170815160904j:image

 

表参道に住んでいたときは、植物を育てる環境ではなく、唯一持っていた名前がわからずハッピーと呼んでいたシダ植物(ある日わたしが持って帰った)でさえ、あまり元気には育たなかったのですが、京都の町家の坪庭は、植物にとってはパラダイスのようで。

繁茂しています😮😮

 

写真撮ってみたけど、緑、ってかんじで、

よくわかりません。

 

前にここに住んでいたデザイナーさんファミリーがとても美しく暮らしていた町家で、庭も綺麗だったのですが、夫のこだわりによって、ほとんどの植物を植え替えました。

 

植え替えは、わたしが昔からお世話になっている、亀岡の隅田農園さんにお願いしました。

 

隅田農園さんに一緒に行って、椿と、夏みかん、山吹を選んだと思ったら…隅田さんご夫婦が爆速で植えにきてくれて、気がつくと、普通の坪庭はしげおガーデンと化しておりました。

かなり偏ったセレクトです。

隅田さん曰く、最近の流行りではない、ものもたくさん。

しげおの愛が詰まってる。

 

 f:id:wholetreatdays:20170815160947j:image

 

その翌週にバラも投入。

レオナルド・ダ・ヴィンチ。ピンクの美しい花が咲きます。

写真真ん中の縦に伸びているのがバラ。

最近育ちすぎて心配されてます。だってずんずん伸びるんですよ!バラって、そういうイメージなかった。もっとおっとりしてるのかと。しげおガーデンのバラはだいぶ肉食系なようです。上昇志向か。

 

そして、ベゴニア。レックスベゴニアという種類で、西陣のきたの商店街に並んでいたのをある日夫が連れて帰ってきた。

f:id:wholetreatdays:20170815160955j:image

台風でちょっと倒れぎみ。

普通のベゴニアにイメージとだいぶ違います。

でも話ベゴニア。スイスで同じ葉っぱのベゴニア見たとき、ああ、こんなに美しく咲くの!?うちのもそうなの!?って思ったけど…花は和風だったね。

でもかわいいよ。

若干、葉っぱが大きくなりすぎてデロデロしてきてるのが、気になるかな。

 

あと、オウテンニンギク。

わたしはつい最近までオウテンニンニクだと思っていました。

 

あと、オリーブ。

出町柳の青山ガーデンから。ここ、京都ではかなり植物の種類がそろっているのかな?

 

そしてブラジル夫人、と呼んでいるやつ。

縞模様の不思議な色。

これは表参道ヒルズから要らなくなったのを買いとったそうで…手持ちで新幹線に乗せて運びました。レオンみたいだね!笑

 

f:id:wholetreatdays:20170815161033j:image

 

ゆうがお(夜顔)も、どんどん伸びています。

 

しげおガーデンの中では古株のハッピーも楽しそうです。

 

ハッピーは冬の間に一度枯れかけまして、それ以来、水不足に対する夫の警戒が激しく…ついに、スプリンクラー導入。

時間が来ると回り出すというアトラクションが子どもに人気です。

 

f:id:wholetreatdays:20170815161110j:image

 

京都サロンでは、この庭をガラス越しに見ながら、足湯をしていただきます。

 

f:id:wholetreatdays:20170815161216j:image

 

京都サロンにはしげおライブラリーもありますよ。わたしたちは不在が多いですが、施術は最高なので、ぜひみなさま、施術受けにきてください💖

 

 

次は、中野サロンの移転で、ベランダにもしげおガーデンができる予定です。

完成したらまたレポしますね〜。いまいろいろと物色していますよん💛

 

さて、恋の話…というのも、最近恋愛ごとのお悩みが、雹(ひょう)のように降り注いでいまして〜びっくりするようなことが耳に入ってくることが多いです。

世の中、そういう星回りなのでしょうか?天変地異?

 

ひとつわたしが言いたいことがあります。

誰の恋愛も特殊ケースだということ。検索しても、ブログを読んでも、友達に相談しても、自分のこころに完璧にマッチする答えはない。

情報社会ゆえ…幸せのかたちが、どうも、ステレオタイプになりすぎているような気がする。

ま、わたしはあるときからもう、他人の声をシャットアウトしてしまった変態ゆえに成し遂げた結婚ですので、もちろん参考にはならないけど、ようは、「自分の恋愛は特別」という感覚が大切かなと思います。

「結婚」をしたい、「ファミリーを持ちたい」は、またちょっと違うよね。それがしたいのなら、ちょっと計算とか必要かなと思います。

現代において、恋愛して結婚するしてそれを維持することはけっこう難しい技かもしれない。

トリプルなんとかフリップみたいなやつ。(ごめん、あんまり知りません…)

 

わたしだって落ち着いているように見えるけど、まだ人生の途中ですしね…だれにでも、恋愛についての正しいアドバイスなんて、できません。あなたの心が、知っているよ。

叶おうが、叶わなかろうが、それは唯一無二の大切な経験ですよ、と言いたい。それだけ。

 

結婚しても、それがゴールというわけではない。自分の幸せや心に正直であるほど、だれかと紡ぐ時間は、「難しい」と思うかもしれないけど、それは自分にしかできない経験だと思います。

 

自分は自分、他人は他人という意味ではないですよ。たとえば友人だとして、その人の人生や経験はわたしの人生にも、顕在的潜在的につながっているので、いつも幸せは願っている。

だれかが幸せになれば、世界だって、すこし、明るくなるのですし。でもそんな幸せの灯し方や在り方にはマニュアルはないのでしょうね。

 

恋愛でしか知ることのできない感覚、知らない世界の扉を開くこと、なにか境を超えること、が、あります。

「そこには、善悪はない。本能がある。」

という名言を言った人がいたけどほんとうに、そうね。🤔

 

瞬間的に切り取ると、幸せはたくさんある。でも、「人生」とか「未来」って考えると急に考え込んでしまうのはなぜなのか…ですね。

あ、いま、それを考えないと本当の幸せじゃないのよ、とだれかの声がしたけど、笑

ほんとうにそうなのかなあ。

 

と、そんな問いで、今日は終わりにしたいと思います。

またあした💚

 

GOTO

handisland Nagisa☂️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170814 今日から京都です。もみもみ部報告&エトセトラ

おはようございます!

きょうは朝から新幹線で京都へ向かっています。お盆だから…ではなく、送り火を見るため。

あれ、それってお盆だからか…いや、いちばんの目的は夫の誕生日に送り火を見るため。彼がもう何年も続けているセレモニーです。

あれ、やっぱりそれってお盆だから?

🤔🤔🤔

 

ですね。だから。

もうすぐ京都に着きます😮

三拠点暮らしになってから、こんなに長く京都を留守にしたのはないかも、というくらい、京都へ行きませんでしたから、ちょっと心配よー。いろいろなことが。

夫のいちばん心配しているのは、サボテンのゲータンこと、短毛丸。

この子です。

 

砂つぶくらいの大きさから順調にここまで大きくなりました💛ほかにも、繁雄ガーデンの植物が元気かなーとずーっと心配してました。

人間より植物が好きな夫よ…

f:id:wholetreatdays:20170814185057j:image

 

と、言っている間に到着しましたー。

 

さて。12日のもみもみ部キックオフもとてもいいかんじにできまして。

参加してくださったみなさん、とっても楽しそうでした。

わたしも面白かったです💛

 

マネージャーがFacebookページにレポをあげてくれる予定ですが、わたし個人的に面白かった瞬間は。

 

「これ覚えてたらいい花嫁修行になるね〜」

「いやいやあげまんになれるよ!」

と、淑女のみなさんの本音が漏れたときでした。だいぶ場があったまってきてから、ですね。わたしも初めて会う方も居たし、久しぶりな方も居たので、最初は緊張感もあったのですが、なんかモミモミしてるうちに、打ち解けてくる、不思議〜。

 

f:id:wholetreatdays:20170814174133j:image

 

f:id:wholetreatdays:20170814174132j:image

 

 確かに、もしかしたら料理とか掃除より役立つスキルかも…

そういえば、わたしも、ハグモミのせいで(おかげと言いなさいとみんなに言われたけど)夫が、周囲の人たちが驚くほど変わったらしいので、そういう魔法がモミテクにはあるのですね!

最近、ほんとうに夫婦っていろんな組み合わせがあるよね、って思います。理想と現実の違いもあるし。なんかSNSやブログとか見てると、他所のカップルと比べちゃったりもしますよね。

でもわたしは、その組み合わせの意義というか、意味があるような気がするなあー。

もし、もっとコミュニケーションが取りたい!とか、こころの距離を埋めたい!とかいうときには、なにか家庭内モミテクを取り入れてみるのも手かもしれませんね。

言葉だと、言いすぎちゃったり、言えなかったりするし。

 

次回のもみもみ部は、8/31の19:00-21:00です💖ピーンときた方は、ぜひご参加くださいませ〜〜🐟🐟

いまのところはわたしが基本の動きをレクチャーしたりなんかしていますが、セラピストの方とかにも面白い場かもしれませんね。

やってることは同じだけど、使い方が違うとこんなに発見あるんだ!と思うと思うし、家庭内でのニーズの高まりにも驚きます。

マネしても…いいですよ💛共感してくださっている方ならば〜笑

 

さっき夫と買い物に出かけたら…はじめて街イタチを見ました!このへんで見た!という話を聞いていて、噂してたところだったのでびっくりしたー!

三毛猫かと思いましたが、もっとサササッと地を這うようでした。道を横切ってどっか行っちゃった…京都はイタチ多いらしい😮

 

さて。

わたしは17日まで京都に居て、そのあとGOOD NEIGHBORS JAMBOREE 2017に参加するため鹿児島へ行きます。その後屋久島へ。

一旦京都に戻り、28日から中野となります。

京都ではもう施術や講座をできる枠がないのですが、プロフェッショナルセラピストの都先生の施術を随時受け付けています。

すっきり、すこやかボディを維持したい方はぜひ、都先生の施術へGOです〜。男性のみのご利用は承れませんのでご了承ください。

http://totonoerubody.jimdo.com

 

明日はお盆ですね!

明日は、しげおガーデンこと、庭のレポートや、恋とボディワークにまつわるエトセトラを語ろうかな!夏だし🏄‍♀️

 

おやすみなさーい。

 

GOTO

Handisland Nagisa💫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20170811 そんなのキイテナイヨ〜&あすはもみもみ部初日のお知らせ

こんにちは〜

後藤手島渚です。

きのう中野へ帰ってきて、そのまま広島から会いに来てくれたWTS受講生候補の方にお会いしました。広島の方は、「SPUR」7月号の「仕事をつくるおんな」(梶山ひろみさんのインタビュー連載)を見て、連絡してくださり。

とても素敵な方で、お会いできて嬉しかったなぁー💛💛💛

 

そのあと、ほんの一瞬ある女子会に乱入し(@魚谷屋さん)、そして、図書館で夫と合流。

WHOLE TREAT TOKYOのすぐ近くに、なかのzeroがありまして、すっごく便利です。

でも、20代のはじめくらいまでは本の虫だったけど最近はあんまり読まなくなっちゃった…😮

 

時間さえあれば…いや、ちがうな…うーん…その気になれば…ですかね。

 

今回借りたのは、「世界のスピリチュアルスポット」(8/30のミラクル研究会のための参考)

 

「森暮らしの家」(たぶん何年か後に建つであろう後藤家の参考)

 

「モダン・タパス・スペシャル」(9月にサンセバスチャン再訪するので、その参考)

 

 

f:id:wholetreatdays:20170811122515j:image

 

タパスの本、ほんとうにおいしそうで…料理欲がわきました!めらめら🔥🔥

 

さて。

いま、WTに居たら…

ガサガサっドンドン!って急に窓の外から音がするので、「ええええ!なになにないないにに!?」とパニックに。

 

お兄さんが窓の外を這っておりました。いやちがう、登っておりました。

 

…そういえば、外壁工事って、掲示板に書いてあったかも、しれない。

 

「外壁工事かーふーん1週間くらいね」

と、人ごとのように思っていました。

WTTのみんなは気づいているのでしょうか。話題にものぼらなかったね。まあ、引っ越しで頭いっぱいですしね。でも、ビニール貼られてるよ!これけっこう本格的なやつじゃない!?

あした、もみもみ部なのにー…

と、若干不安よぎる…。ただでさえ、エアコンの調子が悪いので。

窓も覆われてるとなると…大丈夫かな。

 

と、ここまで考えて、なぜか「銀河ヒッチハイクガイド」のことを思い出しました。

f:id:wholetreatdays:20170811124930j:image

 

 

大好きな映画です。シュールで笑えてシリアス。

銀河ヒッチハイクガイドの始まりで、主人公の家、もとい、地球が破壊されるという出来事が起こります。

理由は、「バイパスができるから」。

逃げまどう地球人たちに、もう何年も前から宇宙の掲示板で知らせてあったよと、宇宙からアナウンスが入ります。

その直後…

 

 

 

っていうね。

宇宙でヒッチハイクをいかに成功させるかうんぬんという話から、宇宙創造まで、テーマは壮大ですよ。

オープニングもすき。イルカが地球から居なくなる、という始まり方。

要は、よくある、「お知らせ」は見てないほうが悪いよと…でも、貼ってあるだけじゃ伝えてることにならないじゃん!みたいなやつのいい例ですね。

自分の身にも覚えがあります。Facebookとか、webに書くだけじゃなくて、ちゃんと伝えないと伝わりませんよね。

あ、だいぶ渚ワールドに巻き込みましたね。申し訳ありません。話を戻します。

 

それで…

そう!

あすは「TOKYOもみもみ部」初の部活です!

オフライン=リアル部活に来れる方はまだ少ないんですが、Fbには入部希望が25件くらい来てまして〜うれしいです〜🐟

しかも初めてお会いする方や、遠方の方も多くて。ありがとうございます!

身近な人、大切な人を大切にしよう。

というメッセージ、伝えていきたいと思います。

家族やカップル、グッドネイバーズとできるモミテクをいろいろと練習します。

 

そういえば、ハグモミをしているとき、たまに、参加してくれているごく一部の子どもに怒られたり、どつかれたりすることがあります。

他人の幸せそうな姿や、イチャイチャしてるのを見るとちょっと腹たつときありますよね…😮

ハグモミしたくない!って怒られると、わかるよー、嫌な気持ちがしたのね…って、思う。

 

自分の気持ち次第で感じる世界は変わるから。

だからいつも大切なのは、自分自身が幸せであることじゃないかな、と思います。

もみもみ部では、「だれかのために」だけじゃなくて、部員ひとりひとりの幸せな時間にもなったらいいなーっと思ってます。

なので、独身で相手はいませーん。という女の子もよかったらぜひ💛

見学しに来てみてくださいね。

 

もみもみ部についてのブログはこちら💁

http://wholetreatdays.hatenablog.com/entry/2017/08/06/190754

 

入部希望はメール info@wholetreat.jp または、facebookで「後藤渚」を探してください。

男性はまだ入部できません。サポーターとしては大歓迎です。

そのうちオフ会?のようなものをやるかもしれません。

 

TOKYOもみもみ部、最近企画したもののなかでもかなり、いいな〜っと、自分で思っています。きっと役に立つこと間違いなし。わたしがこんなにプッシュするのも珍しい…でも大勢に参加してほしいという意味じゃないのです。

必要な人に、届けばいいと、思っています。

相変わらずマイペースなWHOLE TREATですからね。

少人数でゆっくりリラックスしてできるのが、理想でもあるし。

 

 それでは💛

お問い合わせ、待ちしています...💛

外壁工事…大丈夫かな…

 

 

WTのWEBサイトNEWS更新しています。

http://wholetreat.jp

 

 

GOTO

handisland Nagisa🐈🐈🐈

 

 

 

 

 

20170810 眠れぬ夜の手たんぽ💛

こんばんはー

後藤手島渚です。

 

最近valuに登録してみたら、なんと、

自分の名前のスペルを間違っていた!という衝撃のお馬鹿っぷりを発揮してしまいました!

 

教えてくださった守屋夫妻、ありがとうございます…

反省。

 

ところで、今回はシンプルに。

眠れないときのモミテク、「手たんぽ」について。

 

使用用途:睡眠導入

使う道具:手

触れる場所:おひとりさま→ヘソ、目の上、おでこ/カップルまたは親子→後頭部(キャベツfeat.ハグモミ)、仙骨、おへそ

 

です。

ずばり、触るだけ〜。

 

とくに、人にやってもらうと秒速でウトウトします!

 

セルフの場合はウトウトまで時間かかりますが、疲れがとれます。

人の手ってあったかいよね〜。

湯たんぽも温まりますが、ちょっとしたやつなら手たんぽ💛

 

おやすみなさーい。

 

GOTO

handislad Nagisa😪

 

20180809 セラピストの学びと自由についての考察①

こんにちは。

後藤手島渚です。

あっっっっっっっついですね!群馬も暑いですー。

とはいえ、夫もわたしも1日中カンヅメというやつで、夫はiPhoneとノート(Campusのいちばんシンプルな大学ノート愛用)をいったりきたり、わたしはiPhoneとPCをいったりきたり、しています。

「あの本」を書いてます。もうすぐ、ちょっと楽になる…がんばれ…と、悶絶しながら言い回しを考えたり、諦めてiPhoneに戻ってみたり、しています。

 f:id:wholetreatdays:20170809165531j:image

 

夫はなんか「めっちゃ勉強になるわー、頭良くなったわオレ〜」みたいなこと言ってるけど…朝から20歩くらいしか動いてない気がするぞ。

もともと仕事の鬼ですからね。昨日も夜中までやってました。何をやってるかは謎です。とにかくずっとなんかノートに書いてる。

62歳…大丈夫かな。頭から煙出る前に休憩させないと。

 

さて。

きょうの消息確認は群馬の第3の部屋から一歩も出てないお知らせ、でしたが〜。

 

セラピストの学びと自由に関するバランスについて、ちょっと思い巡らせてみたいと思います。

 

セラピストってかなり怪しい仕事だな、と、自覚しています。

日本ではかなり権威のあるスクールにも行ったし、施術家の話を聞いたり、語ったり、ユーザーとしてもいろいろな施術を受けてみているわけですが。

なにかとゴニョゴニョしている。

歯切れが悪い、のが特徴ですよね。この業界。

 

いまだに、「無資格」と揶揄されることが多いのは仕方ないとして、ひとまず「何ができて、何ができないのか」と、冷静に考えてみたらいいと思います。

 

あと、セラピストになりたい、と思ったら、「何がしたいか」というのも大切です。

 

あはき師や理学療法士になった方にも、「こっちじゃなくてリラクゼーションがしたかったんです」と言う方も居たりします。

資格はあったほうがいいかもしれませんけどね…仕事として考えたときに、自分がやりたいことを実現しようと思うと、アーティストかというくらい狭き門だなと思うことがありますから。

収入にしっかりしていくという戦略か、または、もし収入にならなくても、続けていくという熱意が必要な気がします。

 

実際スクールで学んでも、セラピストとして個人で活動したり、サロンに勤めないという、お蔵入りセラピストも多いみたいです。

WTのセラピスト養成コースを終えた人は、数は少ないけど、ほぼ全員セラピストとして仕事をしていますけどね。

 

さて、わたしにとってセラピストと治療家の間には、絶対に超えられない意識の壁のようなものがあり、それによってリラクゼーションと治療という世界が分けられている、ような気がします。

 

たとえば…

泣いている子どもの手を引いて家に連れて帰る、または、やりたくない授業をいかにやる気にさせる…

泣いている子どもの話を座って聞いて1時間計経過、みたいな、または、やりたくない授業はやらなくていいよ〜の違い、みたいな。

そんな感じかな。

前者が得意な人は、なかなか後者にはなれないものです。逆もしかり…。

性格もかなり違うと思う…😮

 

わたしは世界は多様なほうが平和だと思っているから、違う考え、違う分野、新しいこと

、全然OK!って思うけど、あはき業界のかたにもそろそろリラクゼーションの世界を認めないまでも、「ま、それもありだよね〜」くらい思ってもらえるくらいにはなりたいと思ってます。日本では、鍼灸の偉い方がリラクゼーション(もとい、ボディケア)の現場を作られたのですし。

 

現実的に、治療にしかできないことは、怪我や病気を快方に向かわせるということだと思いますが、

セラピストにしかできないことは、からだとこころをリラックスさせるように丁寧に触れる、ということではないでしょうか。

 

で、セラピストは自由を手に入れるために学ぶべき。と、わたしは思います。

過去を踏襲したり、マニュアルを手に入れたりするためではなくてね。

 

メカニズムを学べば、からだの本質なニーズに沿って自由にタッチできるでしょうし、

過去の事例やテクニックを知れば、「触れる」世界に広がりが生まれます。

 

セラピストは基本、ビジネスとしては注目株ですが、社会的には野放しだと思うので、いまのうちにいろいろなテクニックを学べば、それだけ自由度が高まる…制約かからないうちに…と思ったりもします。

 

でも、もし「治療」とか「矯正」みたいな分野に興味が出てきたら、治療家になったほうがいいと思います。人のからだを、操作する、という方向性ですね。そこは、ソリューションの世界なので、ルールがあります。

 

学び方も、だれかに師事するのもいいでしょうし、たまに、独学です、という人にも出会います。最低限、「心地いい」「安全」であればいいのであれば、人間同士ですもの、「こうするばいいのかな」というのはわかるのかもしれない。

海外のセラピストはけっこう世襲も多いですしね〜。

 

さて、セラピストになぜ「自由」が必要なのか。

これはわたしもずっと永遠のテーマなわけですが…一つは、自分ではなく「人のからだ」に触れるという「セッション」である、ということがまずひとつ。

ニーズやタイプに応じ、柔軟に対応するスキルが必要。それが、安全に施術をすることにもつながる。

 

それから、人のからだのタイプまたは状態には、実は時間(時代)というものが大きく関わっているという点。

 

過去の事例を学ぶこと、すでにわかっていることを学ぶのも大切ですが、治療でないからこそ、もっと繊細な、今という時代の変わりゆく「からだやこころ」に触れていくことになります。学びは必要だけど、マニュアルすぎるのは妨げになると感じます。

偏見のない、柔軟な心で、人のからだに触れてみると、どんな人のからだにも生命の息吹を感じるでしょう。

それを、伝えることも、セラピストの使命のように思うから…

とくに、これからもっと人のからだは多様になっていくと思います。

時代の過渡期とともに、からだにも変化が現れるでしょう。

 

わたしたちが触れる手は、からだにいろいろな影響を与えます。わたしたちがかける言葉は、こころに漣をたてるでしょう。

そんなとき、施術を受けてくれた方が、できるだけ自分のからだを愛しく、軽やかに感じられるように、と、意識したほうがいいと思います。

 

 

セラピスト、リラクゼーション領域こそは、実はあらゆる「ボディビジネス業界」のサンクチュアリである、と思います。

世界のなかで、だれが始めたことなのか、なんだか正直わかりません。いろんな説があるけれど…もはや、人間の集合無意識が、そうさせているのか、とか、そう思うときもあります。

Art of Touch、ちょっとこそばゆい言いかただけど、それがいちばん正しいような気もするけれど。

 

まだわたしも手探りです。

はっきりと言えない、そんなところがまたこの世界の魅力なのかな。

 

 

GOTO

handisland Nagisa🐠