ゴッドハンド時代の終焉と相対性、ノマディック by GOTO TESHIMA NAGISA

三拠点生活セラピスト後藤渚の消息確認ブログ: 今日はここにいます

20170808 女性のからだについてのつれづれ

こんにちは。

後藤手島渚です。

きょうから群馬の第3の家!でーす。

 

f:id:wholetreatdays:20170809113506j:image

 

到着したら巨大なセージとお香でもくもくの儀式スタート。

この付近&家、ちょっと漬物臭いのよね〜。嫌いじゃないけど。発酵臭。

群馬帰りのわたしは漬物臭いかも。お会いするとき、あんまりクンクンしないでください💛

 

突然ですけど、女性ってほんとうにホルモンバランスによって大きく気分が変わるよなあーっと思います。

それをうまく乗りこなすには、工夫が必要です。

自分を酷使しすぎてはいけない。

自分を喜ばせ、楽しませることが必要。

自分が心地いいと思うことは自分で見つける。

人のせいにしてしまうくらいイヤなことはやらない。もし、やめるのが難しい場合は環境を変えましょう。など。

愚痴を言うのは、発散になっているうちはいいですよね。でも度がすぎると危険かも。

自分で自分を追い込まないようにしたい…。

あ、自戒ですよ。自戒自戒。

 

ま、たまにこのホルモンの影響をあまり受けない、という人もいます。ほんとうに、受けていないのかは、わからない…受けすぎな人もいると思うしね。

ま、ホルモン自体は人のからだがうまく働くように出ている物質ですが、受け取る側のからだや心の状態次第で過剰になったり不足したりする。

よく「ホルモンのせい」って言うけど、からだやこころの習慣を少し変えるとホルモンに踊らされない、というのも可能かも。

 

年齢を重ねると、若い時にはわからなかった生活習慣や体質から現れる体型の差が顕著になる、なんて言います。

 

わたし、むかしワコールさんの体型研究会の結果を見て座談会をする、という企画に声をかけてただいたことがあり、そのときに見た女性たちそれぞれの20歳から70歳までの、50年での体型変化の様子を見て驚きました。変わる人は激変、変わらない人は、ほとんど変わらず。(もちろん肌などの変化はあると思います)

その差の違いは、努力して行う運動の量や、ケアをしているかどうかよりも、ちょっとした習慣や、楽しみのなかに隠されているという結果でした。

そう、それで、わたしたち「楽しみ、生活、アート、リラクゼーション」などにまつわる5名ほどの女性たちが座談会に呼ばれたのでした。

 

意外にも、「変わらないチーム」には、ジムに通ったり、スポーツをしている人が少なかったので驚きました。

それより、ちょっとした散歩とか、趣味を持っているとか、ストレスケアとか、料理を家でつくるとか、掃除をマメにするとか、そういう要素が大きいようです。

 

体型の変化は目に見えるから、そうやってデータ化して見せられるとふむふむ、と納得できます。

 

でも、きっと「気分」も同じく、自分をどれだけケアしてきたかが、人生の最後のほうに、いろいろな形で現れてきそう。

 

わたしももうすぐ40歳になるし、なんとなく自分ケアを意識しています。

うちは家系的に神経に負担がかかるとあやうい傾向がありそうなので、もうずいぶん前から念仏のように「無理はしない、イヤなことは避ける」と唱えてきたわけですが。

なんかもうちょっと本当の意味で肩の力を抜いてリラックスしながら、人生を楽しめる、そんな気持ちで生きていきたいと思います。

 

今日は気持ちが落ち着かないよーという人も多かったみたいだけど、そういうときこそ、とりあえずお風呂に入って、暖かくして(わたしはこういうときは断然下着からパジャマまでオーガニックコットン)寝る。

 

眠れなくても、瞑想してると思えば、いいと思う。わたしは普通に瞑想してても寝ちゃうけど。

 

さて、WTにきてくださるお客様は、人生を楽しんでいる方が多くて、会うとわたしのほうが元気をもらいます💛

 

でも、パーツコンプレックスを抱えている方がけっこう多い。

先日もずっとおつきあいさせていただいている素敵なお客様の、あるパーツを入念にケアさせていただきました。

まだまだコンプレックスはあるみたいだけど、最初の頃に比べたら、ずいぶんとスッキリされたなあーという印象です。

 

パーツコンプレックスは癖や骨格が関係していることが多いかな…癖や骨格って…なかなか「直せない」ですしね。意識しててもね。

でも、負荷を少し軽くする、という意味で、長期的にケアする習慣をつけると、かなり違ってきますよ。

ま、最近はファッションである程度カバーできますけどね〜。

WTで多いのは、腕や脚かな。セルフケアでも解消できます。

 

むくみ型の人は、脇や鼠蹊部を解放するモビリゼーション(関節をゆらしたり回したり)、で、まずは巡りを良くするのと、筋肉を動かして、圧力をかける。

 

硬かったり、つまり感のある人の場合は、まずはスキンローリング(つまむ)で皮膚をやわらかくして、ドレナージュ(さする)で流す。

 

表面はプルプルしてるのに芯が硬いというタイプの人は、ストレッチポールやボールで骨の近くをほぐす。

 

など。タイプによっても違います〜。

混合タイプもあるので。詳しくはお会いしたときに〜。オンラインでお伝えできたらいいでづけどね💛

 

でも、先に話したホルモンバランスにとっても、体型維持にしても、パーツコンプレックスにしても、月に一回でも、施術を受けにきてくださったら、いろんな意味で「楽」になるかもなあーと思います。

 

たとえば、家庭内モミテクをマスターして夫さんにやってあげるかわりに、ご褒美施術を受けさせてもらえる、とかさ。どうかな…。

男性陣のみなさん、ぜひ女性たちにオイルトリートメントをプレゼントしてください💛美しく、そして…優しくなると思います💖

 女性にとって、心地いい習慣、大切されること、重要だと思うんですよね。

WTで目指しているのは、単に楽になる、というだけじゃなく、その方の人生になにかいい循環が生まれたらいいな…ということ。

モミテクは、WTで施術を受けてくださった際に、セラピストにお尋ねくださればいくつかお伝えできます。セルフケアでも、パートナーケアでも💛

 

本格的に知りたい方は、ハグモミや、オイルトリートメントのマンツーマンレッスンがあるので、そちらでがっつりと。

 

習うより慣れ派な方は、もみもみ部で練習してください💛

 

諸々、 

info@wholetreat.jp

までお問い合わせくださいませ。

 

とりとめがない話になっちゃいましたが〜。

次回こそはセラピストについてのことを書こうっと。

 

読んでくださってありがとうございますー!

 

GOTO 

handisland Nagisa...